菊池のんびり農村体験朝

0

    2日目がスタートしました。

    一組は朝食作り

    二組は食堂で朝食です。

     
     


    菊池のんびり農村体験

    0

      本日は雨のため予定を変更して一年生全員で稲刈り体験をしました。

      その後一組はテント設営、夕食作りをしました。

       


      令和元年度最初の生徒理科研究発表会、宇土高校の2研究が九州大会へ!

      0

         令和元年(2019年)10月20日(日) 崇城大学薬学部で開催された第70回熊本県高等学校生徒理科研究発表会の各部門全てに科学部やSSコースの生徒たちが出場しました。
         この大会は、県総文祭や、九州大会、全国総文祭への切符がかかった大事な大会となっています。そのため、この日に向けて、コツコツと行ってきた研究結果をグラフや写真を加工したりしてまとめ、口頭発表のための準備を入念に行ってきました。
         その結果、宇土高校は、「屈折率の研究 III~Z ゾーンの全容解明と屈折率アプリによる糖度の可視化~」の研究が物理部門で最優秀賞1位、「日奈久断層は動くのか?~断層トレンチの観察から分かること~」の研究が地学部門で3位に入賞しました。これにより、来年の熊本県総文祭及び、12月14、15日の九州大会に参加できることになりました。また屈折率班は来年の8月1〜3日全国大会に参加出来ることが決定しました。物理班は8連覇を達成しました。今後とも応援宜しくお願い致します。

        ロジックプログラム供塀仭姐峙繊1

        0

          日本地球化学会

          九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門& 惑星微量有機化合物研究センター

          教授 奈良岡 浩 先生

          「地球環境の変化と生命活動」

          SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

          全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

          生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

          自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


          ロジックプログラム供塀仭姐峙繊2

          0

            日本分子生物学会

            広島大学大学院理学研究科附属両生類研究施設

            准教授 古野 伸明 先生

            「いかにして細胞が増えるのか?この研究が癌の解明につながった」

             

            SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

            全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

            生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

            自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


            ロジックプログラム供塀仭姐峙繊3

            0

              日本分子生物学会

              京都大学高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)

              助教 本間 貴之  先生

              「分子レベルで生物の仕組みを知るって?」

              SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

              全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

              生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

              自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


              ロジックプログラム供塀仭姐峙繊4

              0

                熊本大学工学部機械数理工学科

                教授 城本 啓介  先生

                「「情報」の誤りを数学を使って訂正しよう!」

                SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                ロジックプログラム供塀仭姐峙繊5

                0

                  日本生理学会

                  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科

                  講師 柏谷 英樹  先生

                  「匂い誘発性鎮痛と脳内機構」

                  SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                  全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                  生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                  自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                  ロジックプログラム供塀仭姐峙繊6

                  0

                    宮崎大学農学部植物生産環境科学科

                    教授 圖師 一文 先生

                    「おいしく食べて健康になれる農産物をつくる−トマトにストレスを与える?−」

                    SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                    全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                    生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                    自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                    ロジックプログラム供塀仭姐峙繊7

                    0

                      大分大学理工学部 

                      准教授 上見 憲弘 先生

                      「音声の不思議・声の仕組みとその福祉への応用」

                      SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                      全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                      生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                      自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                      << | 16/514PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      profile

                      本サイト検索

                      (AND検索は半角スペースを挟む)
                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives